株式会社あきない総合研究所

プレスルーム

パブリシティ一覧

1 2 次へ

2011/11/18

ニッキン掲載 :創業支援セミナーを開催

【新潟】新潟県信用保証協会は10月27日、創業支援セミナーをにいがた産業創造機構(NICO)と共催。創業したばかりの経営者や創業を検討しているサラリーマンなど約50人が参加した。
同信保協の経営支援課では、補償限度額1500万円の創業等関連保証など、2つの制度および県の制度融資などを紹介した。
吉田雅紀あきない総合研究所社長(57)が「君も社長になろう」をテーマに講演。自身が30代に倒産した経験を踏まえ、成功の法則を指南。

2011/11/09

起業家インタビューサイトReLife掲載 :株式会社あきない総合研究所 代表取締役 吉田雅紀

今回インタビューさせていただいたのは、あきない総合研究所の吉田雅紀さん。
起業・ベンチャー支援に特化し、起業・ベンチャーを対象にワンストップサービスを提供されており、アジア最大のベンチャーネットワークを作り上げることを未来に掲げています。社内起業をきっかけに今に至る吉田さんのインタビューをご覧ください!
http://www.bb-relife.jp/interview/vol0305.html

2011/10/12

CNETJapan掲載 :あきない総研の「katanaファンド」、沖縄と長野の2社へ出資

あきない総合研究所(あきない総研)は、同社の「スタートアップ支援ファンドkatana-1号(katanaファンド)」から、ネクストシステム・コンサルティングとグラフィシアの2社に出資したと発表した。
http://japan.cnet.com/news/business/35008970/

2011/09/30

「A Power Magazine10月号」掲載 :就職より起業という選択肢~学生起業家選手権に応募しよう~

「こんなビジネスをしたい!」というアイデアがあるなら、ビジネスプランコンテストに応募してみよう。公益財団法人東京都中小企業振興公社が主催する「学生起業家選手権」は、一次、二次選考の書類審査を通過すると、三次選考ではプレゼンテーション審査、そして決勝大会では250人規模の大ホールで発表をおこなう。エントリー募集から決勝大会まで実に4ヵ月間にも及ぶ一大コンテストだ。優秀賞は賞金50万円!さらに優秀賞受賞者はその後育成プログラムを経て、株式会社設立まで実現でき、創業資金として100万円が授与される。エントリーシートや事業プラン作成の指導もあり、参加するだけでもビジネス力がアップする充実の内容だ。今年で10年目を迎え、毎年優秀な学生起業家を生み出しているこのコンテスト、次なる起業家はアナタかもしれない!
http://www.apower-magazine.net/

2011/09/24

奈良新聞掲載 :起業家を発掘 地域活性化へ ビジネスコンテスト2012 県が参加者募集

県は起業家のビジネスプランを競う「ビジネスコンテスト2012」(県中小企業支援センター共催)を初開催する。11月14日まで参加者と募っている。起業家を発掘・育成し、地域産業活性化につなげる狙い。

2011/06/18

CNETJapan掲載 :本物の“人脈”の作り方--「20代で知っておきたかった『出会い』のルール」.

「人脈」という言葉についてどのようなイメージを持つだろう。「会ったことがあるだけ」「名刺を交換しただけ」の人とのつながりを、はたして人脈と呼べるだろうか。そんな意味のない出会いではなく、本当に意味のある「友達」を作りたいと思うなら、本書のアドバイスを実践してみるのがいいかもしれない。
http://japan.cnet.com/news/society/35004238/


2011/04/17

NHK BS1「地球アゴラ」に吉田雅紀がゲスト出演いたしました

http://www.nhk.or.jp/agora/kako/11-0417.html

2011/04/07

フジサンケイビジネスアイ9面「イノベーションズアイ」掲載: いまこそ日本の底力を!

株式会社あきない総合研究所 代表取締役 吉田雅紀
震災に遭われた皆さん、お悔やみとお見舞いを申し上げます。
来ない朝はありません。命あっての物種です。
わが社のモットーは「明るく!元気に!前向きに!」
こんな時だからこそ、声を出して、明るく元気に前向きに頑張りましょう。
節電、募金、祈り・・・世界が皆さんを応援しています。

2011/02/15

フジサンケイビジネスアイ掲載 :横浜ビジネスグランプリ2011

横浜企業経営支援財団が主催する「横浜ビジネスグランプリ2011」の最終審査が1月29日、ランドマークホール(横浜市西区)で開催された。
このコンテストは、横浜で1年以内に起業を検討もしくは既存とは別の新規事業起こそうとしている企業と、横浜で起業後7年未満の企業を応募の対象にした国内最大級のビジネスプランコンテストである。

2011/02/08

CNET Japan掲載 :学生向けビジネスプランコンテスト第9回「学生起業家選手権」の受賞者が決定.

財団法人東京都中小企業振興公社が主催する第9回「学生起業家選手権」の決勝大会(最終審査)が2月6日に開催され、優秀賞3組をはじめとする各賞が決定した。
 学生起業家選手権は、学生が企画したビジネスプランを競うコンテスト。9回目の開催となる今回は、応募総数225件の中から書類審査とプレゼンテーション審査を勝ち抜いたファイナリスト9組が決勝大会に選出された。決勝前にはそれぞれ1人の経営コンサルタントをアサインし、プロの視点からビジネスプランやプレゼン能力の徹底ブラッシュアップを図ったという。
http://japan.cnet.com/news/business/20426030/


1 2 次へ